オーディションで子役に

テレビを観ていると、見かけない日がないくらいたくさんの子役が活躍していることがわかります。ドラマや映画はもちろんのこと、CM、最近ではバラエティ番組で活躍している子ども達も少なくありません。そんな子役たちを見ていると、我が子も…と考える親御さんもたくさんいるのではないでしょうか。

子役になってテレビで活躍することができる子ども達は、ほんの一握りです。オーディションに合格して事務所に所属することができたとしても、そこから人気の子役になることができるかという保障はありません。それでも我が子を子役にしたいと考える方はたくさんいます。なぜなのでしょうか。それは、子役になるということは、子どもにとってもたくさんのメリットがあるからです。たくさんの大人に囲まれた中で仕事をすることで、礼儀などを覚えることができます。また、仕事をするという責任感など、子ども時代にはなかなか味わうことができないようなことも学ぶことができます。そういった意味でも、子どもが子役として活躍したり、目指したりするということは、決して無駄なことではないのです。

実際に子役にしたいと思っていても、具体的にどのようにすれば子役になることができるのかということがよくわからないという方もいるのではないでしょうか。ここでは、子役になるためには一体どのような過程でなることができるのか、オーディションを突破するためにはどのようなことが必要なのかということについてご紹介します。子役を目指している皆さんのお役に立てると幸いです。