子役になるまでの道

子役になるためには、いくつかの方法があります。主なものとしては、スカウト、キッズモデルなどからの転身、芸能事務所に所属する、そして自分でオーディションを受けるというものがあります。スカウトなどはよほど目にとまるようなことがなければ難しいですし、地方の方は特に不利になってしまいます。子役への道の中で、特に確実性が高い物としては、やはり芸能事務所などに所属することです。

今活躍している子役の多くは、芸能事務所やプロダクションに所属をしています。子役を育てるための芸能事務所やプロダクションはたくさん存在しています。子役として活躍するためには、ドラマやCMなどのオーディションに合格してメディアに露出していく必要があるのですが、こうしたオーディションの多くは、一般公募が行われていません。事務所やプロダクションを通して様々なオーディションを紹介してもらうことができますので、そういった意味でもまずは事務所などに加入することが子役になるための近道のひとつであると言えます。

プロダクションや事務書では、子役として活躍するためのレッスンを受けることができます。演技などのレッスンの他、礼儀作法なども厳しく指導してくれるので、子役を目指していないという方も、子どもの教育の一環として加入させる方もいるほどです。様々な事務所やプロダクションがあるので、口コミなどで一度調べてみるといいかもしれませんね。